院内ボランティアという活動があります

総合病院などの大きな医療機関では、院内ボランティアに活動をお願いしているところがあります。
医療資格のない一般市民の参加です。
初診外来で受け付けや診療科の場所などの案内をしたり、病棟までの案内や、車椅子利用の方の誘導や介助を行います。
また自動精算機がある場合には、その説明や補助を行います。
入院患者用の図書室の管理や貸し出しの係などを務めます。
院内ボランティアは小児科で活動する場面が多くみられます。
入院している小児に保護者が面会や付添をしているあいだ、その兄弟姉妹をあずかるキッズルームがあり、そこでボランティアが子供たちの相手をします。
また小児科の病棟内では、入院している子供たちの遊び相手になったり、話し相手になったりします。
絵本の読み聞かせやおもちゃで遊んだりします。
また乳児の場合、授乳の手伝いなどを行います。
ボランティアの人は季節ごとの飾りつけをするなどして、入院患者や病院を訪れる人の気持ちが和むような雰囲気づくりを行います。

Copyright(c) 医療 ボランティア All Rights Reserved.