子供に対する医療現場のボランティア

病院に長期入院している子供たちに勉強を教える、ボランティアの人たちがいます。
子供たちの日常は、医療行為に重きが置かれていて、子供らしい生活をすることは困難です。
義務教育年齢の子供たちは、殆どが公立の学校に属していますが、学校側から教育の支援を受けられる子供は僅かです。
その子供たちの勉強を手助けしようと、多くの学生や社会人が活動をしています。
僅かな時間でも、学校で習う内容を教え、子供たちの話し相手をして、治療中の子供の支えになっています。
ボランティアの人は、全員が全員、手弁当で活動しています。
もっと、公共の支援が必要とされても良いことなのですが、すべてが、有志による善意で支えられています。
国の上層部にいる人に目を向けてもらいたい現実です。

Copyright(c) 医療 ボランティア All Rights Reserved.