医療ボランティアについて

医療ボランティアとして、発展途上国などに専門的な知識を活かして、医療活動する方が増えています。
途上国は非常に医療が疲弊しており、多くの国からボランティアを受けています。
また、海外独特に病気や医療現場と真剣に向き合って対応していく必要があります。
最近ではエボラ熱が流行しており、多くの方が現地で活動を実施しています。
病気や症状によっては、現地で手術を行うケースもあったり、専門外の病気を診察することもあります。
ボランティアに参加するには、専門機関に対して申込みが必要となってきます。
そこで、海外で従事可能なのかチェックが行われます。
医者、看護婦を中心に募集を行っています。
また、さまざまな国で募集されているので、専門機関側と相談しながら、派遣国を決定することが可能です。

Copyright(c) 医療 ボランティア All Rights Reserved.